クレジットカードの利用限度額

クレジットカードには利用限度額というのがあります。その概要に関して紹介していきます。

利用限度額とは

クレジットカードの利用限度額は、その額まで自由に使っていいということです。

逆に、その額に達したら、その後は使用が不能となります。

この限度額は、支払いが終わったらその支払額分、再び使用可能になります。

ただ、たとえば10日に支払いが終わったら、すぐに限度額が復活するかというと、そうでもなく、数日後に再び限度額が復活することもあります。

この辺りはカード会社によりますので、支払いが終わるからすぐにまた限度額まで使えると考えずに、少し余裕を持って使っていきましょう。

利用限度額の上げ方

限度額は、特定の条件で上げることが可能です。その主な方法を紹介します。

ネットのクレジットカード会社のサイトで上げる

今ではインターネット上でクレジットカード会社が会員専用ページを立ち上げていることが大半です。

そこでは、限度額を上げる申請が可能なこともあります。

そこで、限度額を上げるための申請をしましょう。

申請したからといって必ず使えるようになるとは限りません。限度額が上がった場合には、手紙やメールなどで通知が来るかと思います。

この辺りは、クレジットカード会社によってまちまちですので、会員専用ページで確認しましょう。

クレジットカード会社に電話する

クレジットカード会社に電話し、限度額を上げてもらうことも可能です。

ただ、審査が必要となるため、こちらも必ずあがるわけではありません。

また、会社によっては、こうした限度額の引き上げに関する電話を望まないところもあります。

ですが、言わなければわからないことですので、一応言ってみると良いでしょう。

勝手に上がる

利用限度額は特にこちら側から行動を起こさなくても上がることがあります。これは、クレジットカード会社が上げてもっと利用してもらおうという考えからです。今までの利用実績に応じて判断されます。

勝手に上がった際には個別に連絡が来るわけではなく、毎月の利用明細書などに特別な記載もなく限度額の数字が変わっていることで判断できます。

一見利用限度額が上がることは良いように思えますが、犯罪などに巻き込まれた際に影響が大きいため、もし上がってしまった場合は利用限度額を減らすことも検討しましょう。 

一時的に利用限度額を上げる

海外旅行などをする際には、一時的にお金が必要になります。

特に、海外ではクレジットカードでの支払いが一般的ですので、なおさらクレジットカードの重要性が増します。

そうした状況で、クレジットカードの限度額が低く、使い勝手が悪いとなると、旅行そのものが楽しめないでしょう。

その場合には、一時的に限度額を引き上げてもらうことができます。

ネット上の会員専用ページから申し込めたり、電話で申し込んだりすることで、その旅行期間だけ限度額を上げてもらえます。

これで、旅行中にお金の心配が不要になります。

当然、後日支払う必要が出てきますので、ご利用は計画的にしましょう。

利用限度額を上げるコツ

クレジットカードの利用限度額を上げるには、いくつかのコツがあります。それを紹介していきます。

まめにクレジットカードを使用する

普段からクレジットカードでの支払いを増やし、利用しましょう。

クレジットカードは信用によって成り立っています。その人が、クレジットカードの使い方を適正に行っているのかも審査の対象となります。

普段からクレジットカードを使用し、支払いも滞りなく行っている人に対しては、限度額を上げても問題ないという判断ができ、結果として限度額が上がります。

上記のような理由があるため、初めてクレジットカードを作った人などは、クレジットカードの限度額はなかなか上げてもらえないこともあります。

特に、作ってすぐに上げてもらうことは困難と思いましょう。

地道に上げてもらう

現在20万円が限度額の人が、一気に50万円、100万円と上げてもらうのは困難です。

逆に30万円くらいなら、上げても良いかとカード会社が思うかもしれません。

あまり一気に上げずに、適度に上げていくことを繰り返しましょう。

一度あがったら、1年くらいはそのままで、また1年後くらいに限度額を上げるための申請をしてみましょう。

頻繁に上げてもらおうとすると、逆効果になりますので注意しましょう。

名の知れた良い会社に勤める

クレジットカードの審査には、勤めている会社も関係します。

基本的に名の知れている大手企業に勤めていれば、限度額は高く設定できます。

学生などから社会人になった場合、勤め先をクレジットカード会社に連絡すると共に限度額の引き上げも一緒に申請してみましょう。

申請しなくても、勤め先を連絡することで上げてくれるかもしれません。

学生からでなくても、社会人が転職などでよい会社に移った場合にも同様です。

ちなみに、ここで言う良い会社とは、名の知れた大企業のことです。中小企業でも良い会社は多々ありますが、知られていなければ外部には判断できません。

良い会社に勤めた状態でクレジットカードを作ると、最初から利用限度額が100万円ということもあります。通常でしたら20万円辺りからスタートしますので、いかに有名な会社に勤めることが利用限度額に影響を及ぼすかわかるかと思います。

また、学生などは基本的に利用限度額が低めで、10万円や20万円辺りからスタートします。

ゴールドカード、プラチナカードに申し込む

ゴールドカードやプラチナカードなどは、通常のクレジットカードより高いプランのカードとなっています。

サービスも高めであるほか、年会費も高くなります。

年会費が高いこともあり、利用限度額も高めに設定されます。

クレジットカード会社にもよりますが、ゴールドカードでしたら100万円前後からスタートします。プラチナカードでしたら200万円や300万円前後から利用限度額がスタートします。

ゴールドカードやプラチナカードは申し込んでも申請が通りにくいですが、条件を満たせば申請が通ることもありますので、1年に1回くらい申し込み、チャレンジしてみましょう。

キャッシングなどとの兼ね合い

クレジットカードの機能として、キャッシングというものがあります。これは、現金をATMなどで引き出せるものです。こちらにも限度額が設定されています。

この限度額は別枠で設定されているわけではなく、クレジットカード全体の額の一部はキャッシングに使っていいという意味のものです。

たとえば、クレジットカードの限度額が20万円として、キャッシングが10万円の限度額とします。

もし、キャッシングで10万円を引き出した場合、買い物で利用可能な額は10万円までになります。

利用限度額を減らす

上げるだけでなく、減らすことも可能です。

他のカードをメインカードと使うために、別のカードの限度額は高くなくて良いという状況があるかと思います。

紛失などで他人に使われるような被害を抑えるためにも、使わないカードの利用限度額は下げてしまいましょう。

この辺りは、クレジットカード会社に連絡することで対応してもらえます。

ただ、たいていは10万円が下限となっており、それより下には落とすことができません。

また、キャッシングの限度額も下げることが可能です。こちらは0円に対応してもらうこともできる会社もありますので、相談してみましょう。