大手ゲーム販売サイトで他人のクレジットカード情報の一部が確認可能に

twitter LINE はてなブックマーク

Steamと呼ばれる大手ゲームダウンロード販売サイトにて、他人のクレジットカード情報が閲覧できる、という問題が発生しました。

2015年12月26日に、第三者がログインすると、他人の個人情報の一部、そして、クレジットカード番号の一部が表示されるというトラブルです。

このクレジットカード情報は、一部の番号のみしか表示されないため、不正利用等はできないようでしたが、念のため、利用者はクレジットカードの不正利用が無いか、確認しておくとよいでしょう。

なお、このSteamというゲームダウンロード販売サイトでは、クレジットカードの他にもさまざまな決済手段を用意しています。

もし、クレジットカードを登録するのが心配な方は、他の決済手段を利用することも検討しましょう。

以下、ニュース記事です。

『米Valveが運営するPCゲームサイト「Steam」が日本時間の12月25日深夜ごろからアクセスできない状態になっている。本稿執筆現在、Valveからの発表はないが、reddit上ではキャッシュサーバのトラブルではないかというユーザーの推測が支持されている。

Steamのコミュニティーは表示できる。コミュニティーでは、当初はホリデーシーズンのセールにユーザーが殺到したことによってダウンしたのではと思われていたが、複数のユーザーが、クレジットカード情報を含む自分以外のユーザーアカウントの情報表示されてしまうという報告があった。

Steamの1ユーザーで、セキュリティ関連の仕事に従事しているというHalfBurntToastさんはredditで、購入履歴に他人の履歴が表示されたり、言語がロシア語表示になったり、他人のクレジットカード情報が表示されたと報告。他人のクレジットカード情報でストアでの購入はできないことを確認したが、ユーザーはカードが使われないよう注意すべきだと警告した。』(ITmediaニュース 2015年12月26日より)

三井住友VISAカード」は銀行系のクレジットカードです。世界でトップシェアを誇るVISAのブランドを日本で初めて発行した会社です。

25歳までの方には年会費が特定条件で無料になるクレジットカードも用意。

上位カードゴールドカードやプラチナカードなどもあるため、将来的にグレードアップを目指す人にもお薦めできます。

セブンカード・プラス」はセブンイレブンやイトーヨーカドーなどを利用する際にメリットが大きいカードです。

電子マネー「nanaco」にも対応。

初年度は年会費無料です。次年度以降も、一定額以上使用すれば無料になります。

該当店舗を中心にメインカードとして使っていくのであればお薦めできます。

VISAとJCBが選べますが、VISAの方が良いでしょう。

クレカを作る前

クレジットカードを作る前に確認しておきたい事項を掲載しています。

クレジットカードの使用

クレジットカードの使い方や使用する際に気になる事項を掲載しています。

クレジットカードの注意点

クレジットカードを使い際の注意点を掲載しています。

その他

クレジットカードに関するその他の事項を掲載しています。

関連サイト

その他のコンテンツを紹介。

Menu ×|メニューを閉じる